プロミスの受付時間は?

 

プロミスの受付時間についてご紹介致します。

 

プロミスのお客様サービスプラザ(店舗窓口)

 

受付時間...平日10:00〜18:00

 

対面でスタッフと話をしながら申し込みをすることができるので、インターネットは苦手という方には便利なのですが、このお客様サービスプラザはたくさんあるわけではありません。
近くにない場合もあります。

 

プロミスのATM

 

受付時間...7:00〜24:00

 

プロミスのATMではカード無しで返済することも可能です。

 

プロミスの無人店舗

 

受付時間...9:00〜22:00

 

自動契約機は土・日・祝日も利用できます。
カードを発行すれば提携ATMにてほぼ24時間借入れなどができます。

 

提携ATMもあります!

 

プロミスには提携ATMもあります。
三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、セブン銀行、ローソン、イーネットなどで借入や返済ができます。
イーネットとは、ファミリーマート、デイリーヤマザキなどに設置されているATMです。

 

プロミスは、三井住友フィナンシャル・グループの完全子会社化となりました。
今では会社名はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社となり、プロミスの名前は消費者金融事業のブランドの名称となりました。

 

それで、プロミスカードは、三井住友銀行のATMで手数料0円で利用できます。

 

※他の提携ATMでは手数料がかかります。
10,000円以下の場合は手数料108円、10,000円を超える場合は216円かかります。

 

プロミスのATMの利用可能時間は?

 

プロミスには、有人店舗と自動契約機がある無人店舗があります。
有人店舗数は18ほど、自動契約機の設置数は1,167ほどもあると考えられています。
主な提携ATMとして、セブン銀行、ローソンATM、E-net、三井住友銀行が挙げられます。
三井住友銀行のATMは全国的に多いですし、ローソンの契約機も700台以上あると考えられています。

 

無人店舗の営業時間ですが、自動契約機の営業時間は9:00〜22:00(一部店舗は21:00)までとなっています。
基本的に土日や休日も自動契約機は営業しています。

 

有人店舗にはATM併設の場合も

 

次に、有人の店舗窓口についてはどうでしょうか。
有人店舗には自動契約機とが併設されている所が多いです。

 

営業時間は10:00〜18:00です。※ただし、一部店舗では平日20:00、土日休日18:00までとなっています。

 

対面でスタッフさんと話ながら申し込むことができます。
しかしながら、自動契約機と比べ有人の店舗の数は多くはありません。
お近くにあるかどうか調べる必要があります。

 

有人の店舗だと審査が通りやすいなどということはありませんし、自らパソコンやスマホの操作はしなくても済むというメリットはあるものの、有人の店舗だと手続きが簡単になるということもありませんので、パソコンやスマホの操作が苦にならない方は、スマホやパソコンを用いて申し込むのが便利です。

 

プロミスのATMは手数料いくらなの?

 

プロミスのカードが使用できるATMは全国にたくさんあるのをご存知でしょうか?
ATMにはプロミスの自動契約機コーナーに設置されているATMや、グループ銀行のATM、提携ATMなどの種類があります。この種類によって、手数料が変わってくるのです。詳しく見てみましょう。

 

プロミスATMや三井住友銀行ATMの取り引きは、利用手数料が無料?

 

例えば、 プロミスの自動契約機コーナーに設置されているATMはプロミス自社のものになりますから、使用手数料はかかりません。
ただし、営業時間のほとんどが7時〜24時までとなっています。

 

そして、プロミスは、三井住友ファイナンシャルグループです。
三井住友ファイナンシャルグループの中には、三井住友銀行が含まれていますので、三井住友銀行のATMも使用手数料がかからないのです。しかし、提携しているATMは、使用手数料がかかります

 

利用者の利便性を向上させるために、プロミスでは多くの金融機関と提携しているのですが、その提携先として挙げられるのが三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、イオン銀行、セブン銀行、東京スター銀行、横浜銀行、福岡銀行、熊本銀行、第三銀行があります。
また、ゆうちょ銀行、セブン銀行、イーネット、ローソンなどがあります。

 

提携金融機関ATMや、コンビニATMの取り引きは、取引金額に応じて利用手数料がかかります。

 

 1万円以下の場合は、借入時が108円、返済時が108円かかります。
 1万円超える場合は、借入時が216円、返済時が216円かかります。

 

しかし、プロミスATMや三井住友銀行ATMの取り引きは、利用手数料が無料なのです。

 

プロミスの「瞬フリ」ってなに?

 

プロミスの「瞬フリ」をご存じでしょうか?
実はプロミスの「瞬フリ」は振込までの時間が驚くほど早くてすごいのです。
そこで今回は「瞬フリ」がどれだけ早くてすごいかについてご紹介します。

 

結論から先に言えば、プロミスの「瞬フリ」の早さを上回るスピード振込はありません。
まず「瞬フリ」の魅力について一番に挙げるのは、24時間いつでもネット申込みで最短10秒で振込完了という点です。
申込み完了から、たった10秒で指定口座にお金を振込んでくれるところは、プロミス以外にありません。

 

「瞬フリ」の申込方法

 

プロミスで「瞬フリ」を利用するためには、ネットバンキングサービスが利用できるプロミスの会員になる必要があります。
そして、プロミスの会員になれば以下の手続きで簡単にプロミスの「瞬フリ」が利用可能となります。

 

1 プロミス公式HPから「会員サービス」にログイン。カード番号とカード暗証番号を入力する。

 

2 振込する指定口座を登録。振込先の金融機関の名称・口座番号等を入力する。

 

3 「瞬フリ」のボタンをクリック。「会員サービス」メニューから「瞬フリ」を選んでボタンをクリックする。

 

4 借入する金額を入力。プロミスからもらった利用限度額内の金額を入力する(※利用可能額超える金額だと受け付てくれません)

 

5 振込完了。最短10秒で振込!

 

いかがですか?プロミスの「瞬フリ」は、申込手順もすごく簡単ですよね。
早くて簡単なプロミスの「瞬フリ」を是非利用してみてください。

 

プロミス返済用の振込先口座が不明な時

 

プロミスに返済する為の振込先口座が不明な場合はどうすれば良いのでしょうか。

 

プロミスのホームページの会員サービスからログインして確認するという方法があります。
ログインすると返済用の振込先口座の案内がありますので、そこで確認することができます。
または電話で確認する方法もあります。
プロミスコール(0120-24-0365)へ電話すれば振込先口座が分かる様になっています。

 

ところで、プロミスの返済をする為の振込先口座が不明な場合にインターネットの質問サイトで聞いたり、知り合いに聞いたりする人がいますが、それはあまり意味がありません。
プロミスの返済する振込先口座は、返済する人に合わせて決めてあります。 あなたの振込先口座はその他の人の口座とは違いますので、必ずホームページか電話でプロミスに確認するようにしてくださいね。

 

 

プロミスのATMは利用しやすい?

 

プロミスは、昭和37年創業で数十年にわたって消費者金融の先駆けとしてサービス向上してきた会社です。
今は、三井住友ファイナンシャルグループですから、さらに安定感もあります。初めてお金を借りる時は、不安がありますが大手ならば安心して利用することができます。

 

そして、プロミスの店舗が全国にあるだけでなく、プロミスのATMならば、朝7時〜夜12時まで利用できます
ですからATMならば、仕事の出勤前や帰ってからも利用できます。

 

そして、コンビニのATMにも提携しているので、時間を気にすることなく借り入れや返済をすることができるのです。このように、プロミスは利便性が高い消費者金融になります。

 

 

プロミスのメリット

 

 ネットで24時間申し込みが可能

 

 希望額が50万円までだと収入証明書が不要

 

 来店不要で早ければ即日融資もできる 

 

そして、上限金利が18.0%のところが多い中で、プロミスの上限金利は17.8%となっていて、他の会社よりも利息が少なくて済むメリットがあるのです。
また、プロミスが初めての人であるならば、30日間無利息です。
ですから、30日間の間に給料が入るならば、無利息で借りることができるのです。

 

そして、プロミスでは、郵送物なしのWEB完結にも対応しています。
カードなしでの利用もできるのです。

 

 

更新履歴